介入で稼ぐにはハイレバレッジが絶対必要

為替介入で引き起こされる為替変動で稼ぐにはFX取引が必要です。

FXで稼ぐポイントは、大きく分けて2つしかありません。

幅(pips)を取ることと、枚数(lot)を貼ることです。

FXの利益(損失) = (Pips)×(Lots)

FXの利益および損失は (Pips)×(Lots) で算出されるために大きな利益を上げるにはたくさんの枚数(lot)を取引してたくさんの幅(pips)を取ることしかありません。

介入は、いざ起これば円安方向へ一方的に200~400pips動きます。

つまりたくさんの幅(pips)をとれるという条件を満たしているので、大きな利益を上げる最大のポイントは、どれだけたくさんの枚数(lot)を取引するかということにかかっています。

ではたくさん枚数を取引するのに必要なのは何か?

それはハイレバレッジです。

知っての通り、日本のFX業者では法人口座を除いて個人口座のレバレッジが最大25倍に制限されてしまっています。つまり証拠金の25倍までしかポジションを取ることはできないのです。例えばドル円=80円の時、1万通貨取引するのに32000円もの証拠金が必要です。大きな枚数(lot)を取引するにはそれだけたくさんの証拠金を必要としますので、100万通貨取引しようとしたら320万円も証拠金が必要です。

しかし海外FX業者のハイレバレッジを利用するとどうなるでしょう?

海外FX業者では500倍とか1,000倍のハイレバレッジを利用することができます。例えば同じドル円=80円の時にハイレバレッジ1,000倍を使えれば、1万通貨にわずか800円しか証拠金を必要としません。25倍との差は実に40倍にもなります。日本FX業者では1万通貨しか取引できない32000円でも40万通貨の取引ができるようになっているのです。もちろんハイレバレッジをハイリターンですがハイリスクでもあります。レバレッジが1,000倍ならわずか0.1%の為替変動で証拠金が吹っ飛んでしまうほどのリスクです。しかし介入相場ではかなりの一方通行になることが多いので、このリスクがかなり緩和されます。

よって介入で稼ぐにはハイレバレッジが絶対必要です。

海外業者と日本業者の利益差
※ドル円=80円と想定、レバレッジ25倍だと1万通貨に32,000円の証拠金が必要である。その32,000円でそれぞれのレバレッジで100pips取った場合の比較
FX業者名称 レバレッジ 1lot証拠金 想定利益 日本語サポ
日本業者 25 32,000 10,000
Markets.com 200 4,000 80,000
ThinkForex 200 4,000 80,000
YouTrade 300 2,666 120,000
AmigaFX 400 2,000 160,000
FXDD 400 2,000 160,000
eToro 400 2,000 160,000
Pepperstone 400 2,000 160,000
MIG 500 1,600 200,000
FXIM 500 1,600 200,000
TradingPoint 500 1,600 200,000
Pepperstone:裏技 800 1,000 200,000
XM 888 900 350,000
IFCMarket 1,000 800 400,000
InstaForex 1,000 800 400,000 ×
Hotforex 1,000 800 400,000