おまぬけ財務大臣の発言で介入情報を見極める

介入情報というのは日銀と財務省の絶対的なタブー情報です。

その情報が分かればドル円で大儲けできてしまいますからね。

株で言えばインサイダー情報のようなものです。

しかし民主党というのは余程人材がいないのか、そのタブーであったはずの介入情報がわかってしまったことがあいります。2011年10月31日の介入の前後の安住大臣の発言です。

 




安住財務相は、前回の為替介入について「75.63円の時点で日本経済に危機が及ぶと考え、市場介入を指示した」と発言した。 為替担当者として絶対的なタブーとされている介入基準数値をおおっぴらにした歴史に名前が悪い意味で残りそうなおまぬけ財務大臣




75.63円の時点で、介入しないと日本経済に危機的な状況が及ぶということで介入を指示した
78.20円でやめた

この話がひとり歩きして、おまぬけ大臣の烙印を押された安住財務大臣はその釈明に追われていました。

★為替介入の手の内明かす? 財務相答弁、あわてて釈明

「75円63銭で介入を指示し、78円20銭でやめた」――。安住淳財務相の
10日の衆院予算委員会でのそんな発言に、波紋が広がった。介入の手の内を明かす
異例の言及と受け止められたためだ。財務相の「不用意」な発言に、財務官僚らは
火消しに追われた。

発言があったのは、自民党の西村康稔氏が昨年10月31日~11月4日の介入前後の
為替水準を書いたボードを掲げて介入の判断について質問した時のこと。安住氏は
「75円63銭の時点で、日本経済に危機的な状況が及ぶということで介入を指示した。
78円20銭のところでやめた」と答弁した。

財務省の担当者は、大臣発言の直後から「特定の水準をめざしての介入ではない」と
説明に躍起になった。安住氏本人も10日夕、記者団に「(西村氏が)為替レートを
ボードで示して質問したんで、(その数字を見て)言っただけ。水準なんて一切言って
いない」と釈明した。