XMはかなり安全なハイレバFX会社

FXで稼ぐポイントは、大きく分けて2つしかありません。幅(pips)を取ることと、枚数(lot)を貼ることです。FXの利益および損失は (Pips)×(Lots) で算出されるために大枚数(lot)を取引が必要となります。できるだけ少額の資金でたくさんの枚数を取るには海外のハイレバレッジFX会社が必要です。

海外業者と日本業者の利益差
※ドル円=80円と想定、レバレッジ25倍だと1万通貨に32,000円の証拠金が必要である。その32,000円でそれぞれのレバレッジで100pips取った場合の比較
FX業者名称 レバレッジ 1lot証拠金 想定利益 日本語サポ
日本業者 25 32,000 10,000
Markets.com 200 4,000 80,000
ThinkForex 200 4,000 80,000
YouTrade 300 2,666 120,000
AmigaFX 400 2,000 160,000
FXDD 400 2,000 160,000
eToro 400 2,000 160,000
Pepperstone 400 2,000 160,000
MIG 500 1,600 200,000
FXIM 500 1,600 200,000
TradingPoint 500 1,600 200,000
Pepperstone:裏技 800 1,000 200,000
XM 888 900 350,000
IFCMarket 1,000 800 400,000
InstaForex 1,000 800 400,000 ×
Hotforex 1,000 800 400,000

今のところ海外FX会社にはレバレッジ1,000倍を提供してくれるところが数社あります。日本で使えるところではIFCMarketInstaForexなどがあります。

しかし海外FX会社には 「安全性」 に不安があるとして躊躇する人も多いです。実際レバレッジ1,000倍を提供しているこの3社は正直言ってあまりいい評判を聞きません。まずInstaForexはロシアのFX会社ですが、日本語サポートが不十分で不安が残りますし、スパム業者として警告されています。NatureForexは手軽に利用できますが旧ライブドア関係者が関与していることで不安を拭えません。IFCMarketは悪いうわさこそ聞きませんが、逆に評判などがほとんどないところのため良い話も聞きません。

今のところレバレッジ1,000倍を使えるところで安心できそうなところはあまりない(IFCMakretsがややマシ)のが現状です。まぁ、もともとハイレバ業者は少額資金で一発勝負をするためなので、資金も少額で済むため安全性は度外視してもいいとも言えますが、できれば比較的安全性の高いところで取引したいものです。

そこでお勧めなのがXMです。

XMのレバレッジは最大888倍と1,000倍よりは多少落ちますが、十分すぎるハイレバレッジを提供しています。さらにここのFX会社は海外FX会社の中でも安全性が非常に高いところです。XEMartketsを運営会社はキプロスにあり、キプロス証券取引委員会(CySEC)から認可を受けているEUの正規のブローカーです。正規の業者としての信頼があります。さらに審査が厳しいと言われる英国FSAライセンスも取得しています。これによりもし会社が破綻して2万ユーロまでの顧客資産が保証されています。ハイレバを利用する海外口座では2万ユーロも保証されれば十分です。他にもMiFID、FSA、 AFM、BaFin、FINなどの各国の監督機関に登録されており、海外FX会社の中でも指折りの安全性です。無論、100%安全なんていえませんが、他の会社のどこよりも信頼できるでしょう。


>>レバレッジ888倍!日本語サポート充実のXM<<