介入(為替介入)する意味とは

為替介入をする意味とは為替レートの適正化になります。

円相場などの急激な為替レートの変動は輸出産業の経営等に悪影響を与え、ひいては日本経済そのものに悪影響を与える可能性があります。 例えば日本では主たる産業として自動車産業があります。今でこそ世界的なブランドへ成長した自動車産業ですが、その実態は売上から部品調達まで幅広い部分で海外への割合が高くなっています。過度な円高が進んでいると、欧米で売った車の利益をドルやユーロから円に両替するだけで相当な利益減少が起こります。円高のためです。これが逆に円安になれば、ドルやユーロがたくさんの円になるために輸出産業はうるおいます。そのため円安は輸出産業にとって非常に望ましいものです。あまりにも円高が進んでしまうと、利益の減少が企業の経営にも大きな影響を及ぼしかねない事態になりかねません。そういった国内企業の懐事情を鑑みて円相場のレートを適正化するために介入を行うのです。