介入とは何か

為替介入とは、一般的に通貨当局(日本銀行) が為替市場において相場を適正水準にすることを目的に外国為替の売買を行なうことを言います。最近では円高が進んでいるために円高是正のための円安介入。円を売る介入を指すことが多いです。

為替介入は別名「外国為替平衡操作」ともいいます。日本では、財務大臣が円相場の安定を実現するために用いる手段として位置付けられており、為替介入は財務大臣の権限において実施されます。急激な為替レートの変動は輸出産業の経営等に悪影響を与え、ひいては日本経済そのものに悪影響を与える可能性があります。そこで、為替相場が乱高下しないように、急激なドル安円高の場合は円売りドル買い介入、急激な円安の場合は円買いドル売り介入を行ない相場変動を小さくしようと試みます。

介入は財務大臣が命じる

介入を決定するのは誰かという疑問がありますが、介入を実際にするのは日本銀行です。しかし日本銀行はあくまで財務大臣の代理人として、財務大臣の指示に基づいて為替介入の実務を遂行するのが仕事です。つまり介入実施のタイミング、金額、方法等は、財務大臣にあり、その大臣命令が財務省為替市場課を通じて日銀為替担当に伝えられることになります。また介入資金は財務大臣が管理する政府の外国為替資金特別会計(外為会計)の資金が使われています。例としてドル円への介入ならば政府短期証券(FB)を発行して調達した円資金を売却し、ドルを買い入れます 。

余談として、ドル円での円売り介入をすると膨大な米ドルが手に入ります。その米ドルは、結果的に米国債へ流入してしまうために結果的に米国の得になってしまうとの指摘もあります。そういった面もあって、為替介入の判断は非常に難しいものになっています。毎回財務大臣は悩むそうです。